どうしてお化粧するの?女性に聞いた本当の理由

お化粧をするのって、下地を塗って、コンシーラーをつけて、ファンデーションを塗って
……かなりの手間と時間、そして費用がかかりますよね。でも、働く女性は毎日するメイ
ク。どうしてなのか本当の理由を聞いてみると……。(© マイナビウーマンより引用) Continue reading

オリーブオイルを洗顔剤の代わりに

皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。
オリーブオイルを洗顔剤の代わりにしたり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、溜まっている小鼻の皮脂の汚れをきれいにしたりと、使われ方は一つではないようです。
とは言っても、質の良いオリーブオイルを用いなければ、お肌に悪い影響があるかもしれません。
そしてまた、少しでも変わったことがあれば即、使用をとりやめるようにしてください。
ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」に含有されるゲルみたいな成分です。
並外れて保湿力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が含まれています。
加齢に従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。
その効果は気になりますね。
Continue reading

血液が流れやすくすることも重要

美容成分が多く取り入れられている化粧水とか美容液とかを使用すると保水力を高めることができます。
スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧水や化粧品が良いと言えます。
血が流れやすくすることも重要ですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血の流れを、良い方向にもっていってください。
乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことは普通肌の方以上に丁寧に保湿をすることです。
さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも大事なことです。
高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってさらに乾燥に拍車がかかってしまいます。
洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。
保湿に加えて、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。
Continue reading

いちご鼻とは

いちご鼻とは、毛穴の正しいケアをしていなかったり、毛穴のお手入れを怠っていると、鼻の毛穴の中に角栓が詰まった状態となり、それが皮脂で酸化して黒ずむことで、まるでいちごのつぶつぶのように見えてしまう状態のことをいちご鼻とよく呼ばれます。

Continue reading

簡単入浴法で代謝UP!

入浴法と言えば、美容に良いとされているのが半身浴です。38℃~40℃のぬるめのお湯に30分以上浸かります。時間に追われている人や、長風呂が苦手な人にはちょっと苦痛ですよね。しかも冬の時期は38℃~40℃のお湯では若干寒い気もします・・・
ですが、そんなに長い時間お風呂に浸からなくても、簡単に代謝がUPする入浴法があるんです。キーワードは「3×3×3」です。42℃くらいのお湯に、3分入浴→3分出るを計3回繰り返すだけでOK!
私の場合は、まず入浴して体を温める(この間にクレンジングをする)→出て髪の毛を洗う→また入浴して歯を磨く→出てトリートメントを流し体を洗う→また入浴をして体を温めながら洗顔をする→出る。というパターンで入浴しています。この方法だと、無理に長く入っていることもないので、長湯が苦手な人や時間に余裕がない人でも、すぐに実践できると思いますよ。こんなに簡単なのに、体はしっかり温まるので、効果を感じやす人だと、すぐに汗の出方やポカポカ感の持続に気づくと思います。
早速試してみる価値ありですよ。

ハニーココでモテBODYをGET♪

紫外線と日焼け対策とシミ

どのような悪影響が、紫外線によって日焼けをすると肌にあるのかご説明します。

紫外線をあびて日焼けをすると、肌をメラニンという色素が茶色くして肌を紫外線から保護しようとします。

ターンオーバーという28日ごとの肌の生まれ変わりの時に、剥がれ落ちていくのがメラニンです。

新陳代謝が年齢を重ねていくごとに悪くなったり、メラニンが他の理由によってうまく剥がれ落ちなかったことによって、シミとなってしまうのです。
Continue reading

乾燥肌のスキンケアで肝心なこと

みためも美しくない乾燥肌のスキンケアで肝心なことは常に保湿を意識することです。
また、皮脂を必要以上に落とさないというのも大切なことです。
クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまってさらに乾燥に拍車がかかってしまいます。
洗顔に際してお湯を使いますが熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。
保湿に加えて、洗顔方法も再度確認してみてください。
スキンケアには、肌を保湿したり、マッサージをするといったことがまず重要視されます。
ですが、お肌に内側からケアをするということも実はもっと重要なのです。
Continue reading