紫外線と日焼け対策とシミ

どのような悪影響が、紫外線によって日焼けをすると肌にあるのかご説明します。

紫外線をあびて日焼けをすると、肌をメラニンという色素が茶色くして肌を紫外線から保護しようとします。

ターンオーバーという28日ごとの肌の生まれ変わりの時に、剥がれ落ちていくのがメラニンです。

新陳代謝が年齢を重ねていくごとに悪くなったり、メラニンが他の理由によってうまく剥がれ落ちなかったことによって、シミとなってしまうのです。
Continue reading