基本の日焼け止め

紫外線はシミや肌年齢の増加の原因になります。

特に紫外線のUV-Aは肌の奥深くにまで浸透し、肌のハリや弾力を維持するコラーゲン線維やエラスチンにダメージを与えるうえ、真皮層でこれらを生成する細胞そのものに影響を与えるので問題があります。

シミができてしまったら美白化粧品やシミ取り化粧品などでケアをするとある程度は薄くなったり消えたりします。

その前に紫外線の対策をしっかりして、シミを作らないというのが一番の理想です。

まず日焼け止めを塗ることが紫外線対策の基本ですが、紫外線防止成分の紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などが、そもそも肌と合わない場合もあり、それで肌トラブルと起こしてしまう場合もあります。

日焼け止めクリームを選ぶ場合には低刺激のものを選ぶのがいいでしょう。

日焼け止めクリームを塗っていても紫外線のダメージを完全に防ぐのは難しいので、美白効果の高い化粧品や、予防の意味でシミ取りクリームを塗っておくケアをしておくのもいいでしょう。

シミ取り化粧品の販売